BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 症例
  4. 疲れ目

疲れ目

 

30代、40代の女性の悩みランキングTOP10に入る疲れ目

パソコン仕事が増えたり

スマホの普及により

急激に目の疲れが増えています

目の構造上

近くを見るにはリラックスした状態でなければ見えません

 

しかし見るという行為は集中力も使います

集中する=緊張する

ということ

 

緊張とリラックスという相反する行為を行うことで

目の疲れは高くなり

疲れ目になるわけです

 

目の奥が疲れるというか痛む人も多く

こちらの症状は疲れ目というよりは

脳の疲労になります

脳の疲労と目の疲れには密接した関係にあり

どちらか1つだけ調整したところで

目の疲れも改善しないし

脳の疲労も回復しません

 

頭や首、肩周辺にゆがみがあると

血液循環不良となり目に悪影響を及ぼします

これらすべてを調整することで

疲れ目から解放されるようにしていきます

 

‐疲れ目を解消した人の声‐

終わった後の世界が変わる! 視界がクリアになって広がるし、身体は軽くなるし、帰りはスキップして帰りたくなります

 

*以下注目*

当サロンでは疲れ目を治すという考え方はしていません

 

疲れ目が起きている原因を特定し

原因を取り除く

その結果

疲れ目が和らいでいる

 

そして

疲れ目が和らいでいるだけではなく

身体の質を上げることで

 

快適に過ごせる身体を提供し

毎日楽に美しい日々を送れる時間を提供する

(もちろん永遠にではありませんよ)

そんな風に考えて整体をやっています

 

疲れ目vs整体

 

ステップ1 全身の調整

どんな症状でも原因を突き止めるため

全身の調整を行います

 

筋肉の張り

骨のゆがみ

神経の乱れ

などなどCheckしていきます

 

ここでの調整は

大まかに筋肉や骨などを調整し

原因を特定する作業です

 

調整しても残る

筋肉や骨の問題を発見するための作業

残った問題が疲れ目の原因になってきます

 

2 目の周り、あたまの調整

疲れ目と感じている多くの方のあたまは

カチカチに硬くなっています

 

美容室でシャンプーをしている際に

頭皮がかたいとい言われたりしますよね?

あの状態です

 

頭皮がかたいと脳に圧がかかり

負担が増えます

 

あたまを柔らかくすることで

脳にかかる圧を減らし視神経の負荷を減らします

 

また耳たぶ周辺の首の骨を調整することにより

脳への血流を良くし

疲れ目に関係しているゆがみを整えていきます

 

調整が終われば

目がバッチリ開いて視界良好

スッキリ爽快な世界が目に入ってきますよ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。