BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 助産師マッキーさんの独り言
  4. 流行りの風疹の予防法とは!?

流行りの風疹の予防法とは!?

こんにちは 助産師のまきです

 

これから妊娠する予定のある皆様へ

いつか妊娠するかもしれない皆様へ

自分のパートナーが妊娠するかもしれない皆様へ

妊娠する可能性がある年代の人々と過ごす皆様へ

 

風疹(ふうしん)が流行っています

 

風疹は妊娠した女性が感染するとお腹の赤ちゃんに感染して

先天性心疾患・難聴・白内障などの症状をもつ先天性風疹症候群を引き起こす可能性があります

 

「先天性」なので産まれてから治療すればいいというものではありません

 

世間で風疹が流行すると

妊婦への感染

胎児への感染が問題となります

 

風疹の発症を予防するためにはワクチンを打つことです

風疹は手洗いうがいでは防げません

風疹はとても感染力が強いです

風疹は気合いでは防げません

 

風疹のワクチンは年代によってワクチン接種の状況が異なります

昭和37年4月2日~昭和54年4月1日生まれ

→女性は中学生のときに集団接種している年代

男性は定期接種の制度がなかったため風疹の免疫がない人が多いです

 

昭和54年4月2日~昭和62年10月1日生まれ

→男女共に中学生のときに医療機関などで個別接種するように言われていた年代

接種率が低いため風疹の免疫がない人が多いです

 

昭和62年10月2日~平成2年1月2日生まれ

→男女共に幼児のときに接種する制度になった年代

自然に感染する機会も減っているため接種を受けていない人は風疹の免疫がない人が比較的多いです

 

妊娠中にワクチンを打つことはできません

妊婦さんだけが気をつけていてもパートナーから感染するケースがあります

 

妊婦さんは妊娠初期に風疹の免疫があるか抗体価をチェックしているので

検査結果を確認してみてください

 

もし

パートナーがワクチン接種をしたことがない

ワクチン接種をした記憶がない場合は

かかりつけの産婦人科に相談して早めにワクチンを打ちましょう

 

風疹への免疫があるのかないのか

抗体価を調べなくてもワクチン受けて大丈夫です

 

少し前に麻疹(ましん)も流行りましたよね?

医療機関ではMRワクチンといって麻疹風疹混合ワクチンを準備しています

混合ワクチンなら注射1回で済みます

 

大流行を防ぐためにMRワクチンの接種を今のうち済ませておくことをオススメします

もっと詳しく知りたい方は厚生労働省のホームページをご確認ください

 

妊娠や出産を他人事と思うかもしれないけれど

守れる生命を守るためにお願いします

 

また、徒然と書きますね

りょうちゃんのサロン女性のお客様多いから「風疹」気にしてくださると幸い

 

婦人科のことで質問、相談がある方はこちらからお気軽に

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。