BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 症例
  4. PMS

PMS

 

生理前から起こるからだの不調のことを

月経前症候群、PMSと称されています

 

PMSの症状としては

肉体的なものから

精神的なものまであるとされていて

人それぞれ異なります

 

眠くなる

胸が張る

気持ちが悪い

肌荒れ

頭痛

 

などの肉体的な症状を訴える人もいますし

 

イライラする

起伏が激しくなる

落ち込む

集中力の低下

無気力

 

というような精神的な症状の人もいます

 

残念ながらPMSの原因はまだはっきり解明されていません

ただおそらくは

ホルモンバランスの乱れからくる不調だろう

と言われています

 

ホルモンバランスの乱れが

神経伝達などに異常をきたすことで

PMSの症状が発生する

 

という事はキーポイントは

ホルモンバランスと神経(自律神経)

になってきます

 

自律神経やホルモンバランスは乱れるものです

その前提は覆ることはありません

しかしその乱れる幅を小さくすることは可能です

 

からだの質、状態を上げれば

乱れる幅を小さくすることは出来ます

 

*以下注目*

当サロンではPMSを治すという考え方はしていません

 

PMSが起きているであろう原因を特定し

原因を取り除く

その結果

PMSがなくなっている

 

そして

PMSがなくなっているだけではなく

身体の質を上げることで

 

快適に過ごせる身体を提供し

毎日楽に美しい日々を送れる時間を提供する

(もちろん永遠にではありませんよ)

そんな風に考えて整体をやっています

 

PMSvs整体

 

ステップ1 全身の調整

どんな症状でも原因を突き止めるため

全身の調整を行います

 

筋肉の張り

骨のゆがみ

神経の乱れ

などなどCheckしていきます

 

ここでの調整は

大まかに筋肉や骨などを調整し

原因を特定する作業です

 

調整しても残る

筋肉や骨の問題を発見するための作業

残った問題がPMSを引き起こしている原因になっているはずです

 

2 お腹(子宮、内臓)の調整

お腹周辺の筋肉に硬直がないか

子宮の熱量はあるか

(本来子宮がしっかり活動していればお腹が熱い)

を確認し筋肉などをゆるめていきます

 

そして動きが悪ければ

動きやすく熱量が生まれるように調整します

 

3 股関節の調整

股関節のつまりによって

血液循環が悪くなり

子宮に悪影響を及ぼすことが多々あるので

 

股関節のつまりをとり

血液循環をスムーズにさせ

お腹周辺を滞りのない状態にしていきます

 

4 自律神経の調整

ホルモンバランスや自律神経の指令は

脳からでています

 

脳の状態が悪い(動かない、かたい、熱すぎるなど)と

自律神経やホルモンバランスの乱れを大きくなり

不調になりやすい環境になります

 

あたまから熱を揮発させ

圧力がかかっている状態を減らし

脳のストレスをなくすことで

司令塔である脳が

ただしい指令をだせる環境をつくっていきます

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。