BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. わたしの日常
  4. からだの個性を知ることが健康になる近道!

からだの個性を知ることが健康になる近道!

からだには個性があるという話しを以前しました

覚えてる?

興味を持ってくれた人が多かったみたい

 

実際にどんな感じで見るんですか?

と聞かれたので僕の個人情報をさらけ出し個性を見てみましょう 笑

 

僕の個性をみる

188cm 約75kg

ふてぶてしい←これも個性 笑

わりと細め(平均は80kg前後)

右ほほが動かない(顔右下にするとほほが痛い)

腕が身長に対して長い

左腰に制限がかかりやすい

ふくらはぎの筋肉が発達している

右足が左足より0.5~1㎝大きい

軽いガニ股

 

ザクッとこんな感じ

 

バスケを10年やっていたので昔は今より全体的に筋肉あった

太もも細くなりました

腕・肩細くなりました

顔は昔からコケがち

腹筋は1度減ったが今は全盛期バリにある

ふくらはぎはほぼ変わらない

ガニ股は軽減

運動量は激減

 

という感じでみてみる

そして赤字に注目!!!!

 

運動量激減なのにふくらはぎが減っていない

他は減っている

なぜ?

 

答えはおそらく腕の長さの負担をふくらはぎがカバーしている

 

腕・肩の筋肉が落ちているけれど

腕の長さは変わっていないはず

 

急に腕が伸びても縮んでも恐ろしい 笑

今まで支えていてくれた筋肉は減った

どこかが重さをカバーしないといけない

 

変わっていないところはどこか?

そう、ふくらはぎだ!

 

普段歩くとか自転車乗るくらいしかしてません

全く走っておりません

 

それなのにふくらはぎ減らないの不思議じゃないか?

なぜ減らないんだ

あっ腕か!!!???

 

個性なのか?

そういえば、ふくらはぎは昔から筋肉質だったな

腕を支えてくれていたのか!!!

 

という発見に至るわけです

僕の生命線はふくらはぎ

という個性がわかる

 

他に書いた腰などはただの癖や昔のケガの影響で

生まれ持ったものではない

という具合に分析しました

 

個性を活かすために

・ ふくらはぎに対して余計なことはしない(部分的な筋トレなど)

・ 常に柔らかさをキープできるようにケア(張ると支えられないから)

 

という判断を下します

そしてガニ股になる理由のひとつは腕の長さの分散なのでは?とも思っています

 

歩き方などの改善など色々試している最中なんだけど

それ以外にも原因があるのかもと最近思っている

そこで行き着いたのがからだの個性(逃げじゃないよ 笑)

 

という感じで個人情報を公開してみました

なんとなくわかる?

難しいかな?

 

今回は僕のからだの個性を紹介してみました

そのうち誰かの個性を解説してみます

 

例えば

全体的に細いのにお尻だけキュッとしてない

とかね

 

もしわたしのからだの個性を見てほしい!!

というモノ好きがいれば教えてください

みてみますよ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。