BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. こころのこと
  4. 人が見ている自分は一部分でしかない

人が見ている自分は一部分でしかない

 

他人にどのように思われていようと

あまり気にしないほうがいい

 

自分という存在の評価を他人に任せてしまうと

ろくなことはありません

 

自分は一体誰なんだ?とか

自分が思っている自分と

相手が求めている自分の役割の差などで悩むとか

わけわからなくなったりします

 

例えば

こんな性格のバランスだとして(雑だけど)

自分はやさしいなんて思っていなけど

ほかの人から見たらむちゃくちゃやさしく見えていたり

 

適当だと自分は思っていないのに

誰かから見たらアイツは適当だよ

なーんて言われたりする可能性があります

 

どれも自分の中にある一部分ですが

その一部分しか見ていない人からしたら

その一部分があなたの全てになる可能性が高いです

 

どれも自分なのに

1つのところしか見られていない

悲しいけど実際にありうることです

 

そして自分でも

この部分が嫌いとか

こういう風に言われるのは嫌とか

思っていたりして

自分自身を認めなかったりします

 

そんなことする必要はなくて

そんな部分を含めて自分だよな

という感覚になると解放されるというか

重さがなくなります

 

そうすると自分をもっと大切にできたり

楽に暮らせます

 

そういう感覚を磨いていくことが

たぶんこれから必要になってくると思いますよ

 

個人の時代ですからね

みんなも意識してみてねー

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。