BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. こころ
  4. 良い子に育ってきた人が今苦しんでいる

良い子に育ってきた人が今苦しんでいる

 

言うことききなさい!という言葉

なぜきかなければならないのか?

それは、、、言っている側の都合だ

 

親が言えば、親がやりやすいようにしろよ!というメッセージになるし

上司が言えば、オレの仕事がやりやすいようにしろ!というようなメッセージになる

 

あなたのためを思って、、、も一緒の類

 

素直に言われてことを鵜呑みにすれば、いい子にはなるでしょう

親にとって上司にとってという意味でね

でも、言うことをきいてきた人が今苦しんでいる

どうしたらいいのかわからない

自分に意志はあるのか?

自分は何がしたいのだろうか?

存在している価値はあるのか?

 

かなり深い沼に入っている気がする

かなり苦しんでいる

かわいそう

 

この悩める人たちのからだとこころはどのようにすればいいのか?

個人的な意見ね

 

僕がからだとこころを調整する際、意識することがある

 

それは、僕が考える良いからだ・良いこころではなく

その人にとって良いからだであり、良いこころを目指す

ということ

 

主役は受けている人

調整する人が主役になってはいかん

 

言うこと聞いてくれるクライアント楽だし、やりやすい

でも僕の理想の人間を作り上げていくって気色悪い

そんなことしても何の解決にもならないし

その人はいずれまた苦しみ悩む

 

そんな人を増やすために働いてるわけじゃないのでね

本人がどんな状態を望んでいるか?

どんな状態であれば楽でいられるのか?

一緒に感じていく必要がある

 

この作業って悪いけど面倒くさい

面倒くさいし出来るならやりたくはない

だって大変だからね

 

でも面倒くさいより少しだけ、苦しまないで生きてる人が多い方がいいじゃんね!

という意欲が勝っている

もっと楽した方がいいよって思うし

 

だからやる

わりとしっかりやる

妥協しない

 

自分の意思とか考えとか捨てて

その人主観でみる・やる・考える・感じる

 

そんな感じの調整をする

 

良い子に育ってきた人たちよ

もし

言うこと聞かなきゃ

とか

期待に答えなきゃ

とか

何かを背負って生きてきたなら少しず荷を下ろしていこう

 

誰かにとって良い子は疲れるよ

だから自分にとって良い子になろう

自分にとって良い子であれば疲れないはず

 

だって自分にやさしいってことでしょ?

そんな感じで生きてくださーい

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。