BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. からだのこと
  4. からだに痛みがある場所を治せば痛みはなくなるのか?

からだに痛みがある場所を治せば痛みはなくなるのか?

 

肩が痛くて、、、

腰が痛くて、、、

サロンに来てくれる方は

どこかしらに痛みや悩みを抱えてやってきてくれます

 

例えば右肩が痛いとしましょう

施術をしてみると右肩の痛みはなくなった

でもなぜかはじめは痛くなかった

首に痛みを感じだしたとします

 

この時にみなさんは痛みが増えた!と感じますか

この先生ヤブかも、、、大丈夫かな?て感じますか

 

ではそもそも何がからだに起こったかわかりますか?

 

単純に痛みが移動したってだけです

 

なぜ痛みが移動したのか?

 

それは最初に痛かった右肩が

結果的に痛かっただけで

そもそも肩に問題はなかったってこと

 

意味わかりますか?

確かに痛みはあった

でも痛みの原因はそこになかった

ということです

 

熱がでた

風邪を引いたから

みたいなイメージがわかりやすいですかね

 

熱出たから解熱剤渡しますね

って渡されたけど

普通の風じゃなくてインフルエンザだったから

あんま意味がなかった

みたいな感じで

 

痛みがある場所に問題が起きてなくて

痛みがでることが多々あります

 

そしてその痛みの原因を追いかけていく過程で

痛みが移動するんです

 

だから痛みが移動するのは悪いことではないし

痛みが増えているわけでもありません

 

だから

移動したらよしよし

この先生なかなかやるじゃん!

と思ったほうが吉です 笑

 

根本治療を行います!

痛みの原因は他にあります!

みたいな文言でうたっているところは

一応この考え方をしているはずです

 

正直、嘘くさいところも多いですけどね

追いかけっこなので

1つで終わることもあれば

2つ3つ4つと追いかけなければ

原因を特定できないこともあります

 

1つだけなら最近の問題でしょうし

3つ4つと追いかけることになれば

最近ではなくかなり1ヶ月それ以上前に起こった

からだの問題の可能性が高いです

 

そして追いかける数が増えれば増えるほど

問題解決にかかる時間や回数が増えます

 

すぐ飲んで早く効く

というCМがありますが

そういう風にするためには

早めにケアをして

早めに対処するしかないんです

 

みんなは早めに対処出来てるかな?

たぶん後手後手派がほとんどじゃないかな

 

これからは少し注意して

早めにケア出来たらいいですね

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。