BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 衣食住
  4. いつ食べても必ず身体に良いモノはこの世に存在しません

いつ食べても必ず身体に良いモノはこの世に存在しません

 

家にいると動かないから太る

という人も多いようですが

みんなはどうなってますか?

 

動いていないから太っている

という部分が疑わしいですけどね

ストレスで太っているかもしれないじゃないですか

 

どうして動かないからと決めつけるのか?

それはただの思い込み

 

ひょっとしたらいつもより

質素なごはんを食べてるかもしれないじゃないですか?

面倒くさいからごはん抜くとかね

ありえるでしょ?

 

これはいつ食べても身体にいい

と思っているものが

毎回身体にいいわけではなく

悪いことだってあるかもしれません

 

かもというかあります

いつも美味しいと思っている食べ物が

なんか今日はイマイチと感じたことないですか?

 

酔っぱらっているときの味なんてわからないじゃないですか

そんな感じかな?

でも絶対経験したことあるはず

 

この世にいつでも身体にいい食事

健康になる食べ物なんて存在しません

 

今はイレギュラーなことが起きています

経験したことがない状況です

 

いつもと違う状況の中で

いつもと同じ食べモノが

いつもと同じ効果があるわけがないですよね

 

ただ食べているだけの人は

変化に気づくことが出来ないので

いいと言われているモノを永遠と食べるわけです

 

でも些細な変化に気づいたり

変化に意識を向けている人は

あれ?いつもと違うなとか

いらないかもとか

そういう感覚があるはずです

 

そういう感覚を磨いていかないと

いつまでたっても

○○健康法とか

最新科学の○○とか

そういうものに目が向いて基本的なことを理解せず

永遠に健康になれない生活を送ることになります

 

本当に健康になりたいのであれば

自分の感覚を磨く必要があります

 

何がからだに必要なのか

何が要らないのか

どれくらい欲しているのか

そういう細かい部分を

自分のからだにこころに問いかけてみてください

 

それをやる暇はいくらでもあるんじゃない?

今その感覚を磨いておけば

健康になっていきます

それ以外ありえません

 

健康でありたいのであれば

今がやるベストタイミングだと思いますよ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。