BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 美容
  4. 生理痛

生理痛

 

女性特有の悩みである生理痛やPMS

通常28日周期で生理が来るので

生理痛やPMSがある人は

痛みもひと月に1回のペースでやってくる

 

数々のお客さんからお話しを聞いた統計によると

3日間程度生理痛があるようなので

実際には25日程度の感覚で痛みがやってくる計算になります

 

そんな生理痛やPMSですが

なぜ生理痛やPMSがある人とない人がいるのか?

わかりますか?

 

世の女性のみんなが

出生時に持病で生理痛持ちで生まれました

というわけではないはずです

 

個人の体質もあるのかもしれませんが

生まれた後の何かしらの影響で生理痛が起きているはず!

 

その原因の

1つは食事

食べたものによって生理痛の有無があるようです

 

珈琲や辛い食べ物など

刺激的なモノを食べ過ぎると生理痛が発生する人もいます

 

これを食べると痛みが増す

など自分の身体と食べ物の相性を認識することで

生理痛の発生を抑えることができます

(ここは整体の役割外になります)

 

1つは骨盤などの身体のゆがみがあること

子宮は体内で浮いているわけではありません

子宮靭帯でつながっています

 

その靭帯が身体のゆがみにより

引っ張られたり

子宮のおさまりが悪くなり

圧迫されることにより下腹部に痛みがでたりします

 

ゆがみをなくすことができれば

靭帯の引っ張りや圧迫が減り

生理痛による下腹部痛は治まっていきます

 

1つは自律神経の乱れ

生理は自分で来いと言ったら来るものではありません

自律神経は自分の意志ではコントロールできない

身体の機能を調整する役割があります

 

生理もその一つなので

自律神経の乱れは頭痛や気持ちの浮き沈みなどの

生理痛を引き起こすことがあります

 

乱れた自律神経を整えるためには

あたま(脳)や背骨の調整が必須です

 

リラックス&興奮をコントロールし

脳内のストレスは減ら自律神経を整えていければ

自然と生理時の頭痛などは減ります

 

1つはストレス

ストレスが強い時の生理痛は激痛を伴うようです

脳内のストレス物質を減らし

リラックスさせていくことで

精神的肉体的ストレスが減り生理痛も治まっていきます

 

*以下注目*

女性のみなさまを悩ませている生理痛ですが

当サロンでは生理痛を治すという考え方はしていません

 

生理痛が起きている原因を特定し

原因を取り除く

その結果

生理痛が和らいでいる

 

そして

生理痛が和らいでいるだけではなく

身体の質を上げることで

 

快適に過ごせる身体を提供し

毎日楽に美しい日々を送れる時間を提供する

(もちろん永遠にではありませんよ)

そんな風に考えて整体をやっています

 

生理痛vs整体

 

ステップ1 全身の調整

どんな症状でも原因を突き止めるため

全身の調整を行います

 

筋肉の張り

骨のゆがみ

神経の乱れ

などなどCheckしていきます

 

ここでの調整は

大まかに筋肉や骨などを調整し

原因を特定する作業です

 

調整しても残る

筋肉や骨の問題を発見するための作業

残った問題が生理痛の原因になってきます

 

ステップ2 腹部(内臓&子宮)の調整

生理痛(下腹部痛)の場合

腹部の筋肉や靭帯の張りや

骨盤のゆがみなどによって

痛みを引き起こすことが多々あります

 

子宮が正常の位置にいないことで

引っ張られたり

窮屈な環境下にいることで

痛みがでていると考えられます

 

お腹周りの調整をすることで

ゆがみをなくし

筋肉や靭帯が子宮を引っ張らない

身体をつっていきます

 

身体のゆがみが原因で引きおこっている生理痛は

ここまで調整すれば完成

 

ストレスや自律神経の乱れが関係している生理痛は

以下に続きます

 

ステップ3 脳&自律神経の調整

脳がストレスを感じていると

生理時に頭痛を引き起こしやすくなります

 

またそれだけでなく

脳のストレスは体内に毒素をため込み

体内の毒の割合高くなります

 

高まった結果

多くの毒素をデトックスしようとするので

腹部の痛みを引き起こすことが多いのです

 

それらの症状を緩和するために

自律神経と脳内にかかっている圧力を減らしていきます

 

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。