BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. カウンセラーの視点
  4. 言葉は魔法であーる

言葉は魔法であーる

 

言葉は魔法である

ということを言った人がいるとかいないとか

 

確かに言葉は魔法です

 

相手にうれしいと感じさせることが出来れば

悲しくさせることもできる

 

言葉から

その人が持っている内面というか

習慣、癖、精神面などを読み解くこともできる

 

知識量もわかるのかもしれない

ネガティブワードを選ぶ人は

ネガティブの魔法使い

 

そんな魔法使いが増えているような気もする

 

また自分の言ったことで

自分自身で混乱するという

なんとも言えない人もいる

 

そんなことにならないようにしたいじゃない?

 

毎日

痛い痛い言っている人も

自分で痛みの魔法をかけていることもある

 

実際に痛いかもしれない

そりゃわからなくもないよ

痛いんだもん

 

でも言ったところで痛みなんて減らないじゃん?

じゃあ無駄な魔法を使う必要ないじゃない?

と思うのは僕だけでしょうか

 

どうせ使うなら上がる言葉を使いたい

だからといって

ネガティブ言うなとか

怒るなとか

そういうことは言っていない

 

怒っていいし

ネガティブ言っていいよ

でもその割合の問題です

 

悪い習慣を捨て去ろう

というお話しですよ

 

賛同できますか?

賛同してくれらなら実践してね

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。