BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. こころ
  4. 下ばかりみている人の生き方は人生終わっている

下ばかりみている人の生き方は人生終わっている

 

人をみる仕事をしていると仕事場以外でも

人の動きが目に入ってくる

お仕事あるあるかな?

 

そして個人的にむっちゃ気になるポイントがある

それは

目線が下にありすぎる

 

平行も少ないし上を向いている人も少ない

常に目線が下方向

 

スマホ操作が一番の理由かな?

でもその癖がついているせいかケータイを持っていなくても

目線が下になっている人が多い

 

これって物凄くかわいそうだと思う

下ばかり見ていてもね

いいことそんなにないよ

 

太陽だって上にあるし

月だって上にある

自然は上に伸びているし

空も上

 

上には自然界のものがたくさんある

それを目にすることって大切

 

朝起きて日の光浴びて気持ち良さを感じたり

月をみてきれいだな~と感じることも大切

 

そういう日々が自分の身体をつくる

 

皆既日食だから月を見ようではなく

毎日見ればいいじゃないか

 

毎日見て少しの違いを感じる

そういう積み重ねが自分の生き方に大きな影響を及ばす

 

下ばかり見ていてはそういうものを見逃して

なーんも感じず生きることになる

 

それでは

人としての魅力はでてこない

人としてのこころの豊かさは生まれない

からだの感性だって磨かれない

 

風を肌で感じ

月をみる

太陽を見る

木を見る

花の匂いを嗅ぐ

 

一体何秒ですむだろうか?

20秒もいらないと思う

 

ケータイを見る時間は、、、

一体1日何時間あるんだろうか?

 

そういう小さいことの積み重ね大切だよ

今からでも遅くない

 

見ていない人

感じていない人

もっと感性磨きましょう

 

からだとこころが潤います

そうすればきっと今より良い状態になれるよ

本当にそう思っています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。