BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. こころのこと
  4. こころに栄養をあたえていますか

こころに栄養をあたえていますか

 

栄養とらないとダメよ

という話しは大概からだの事を思って使われています

 

タンパク質をとりましょう

ビタミンも欠かさずにね

米、肉ばかり摂らずにバランスよくね

 

など誰もが1度くらい言われたことあるでしょ?

 

じゃあこころの栄養もバランスよくね

と言われたことがある人はどれだけいるだろうか?

 

あまりいないんじゃない?

というかほぼいないと思います

 

こころの栄養ってなんだと思いますか?

いろいろな考え方があるのですが

 

あるところでは自分を認めてあげることと言います

あるところは自己投資といい

またあるところは慈悲の精神と言います

 

僕の考えはどれでもなくて

単純に感情のことだと思っています

こころの栄養は感情です

 

楽しい

うれしい

悲しい

むなしい

おいしい

怒りetc

 

毎日楽しい方がいいかもしれないけれど、

楽しいの反対(かなしいなど)がわかるから

楽しいと思えるわけです

 

悲しいがわからない人は

楽しいはわかりません

 

自分の感情がわからなければ

ただ毎日過ごすだけで

まあ日々ってこんなもんだよね~

という感覚で生きていくことになります

 

楽しいと感じる瞬間があって

時には悲しいと思う時もあって

むちゃくちゃ怒ることがあっていいはずです

 

はずというかあるのが普通です

なきゃマズいんです

 

自分の感情をもっと大切に感じてみよう

自分がどんな風に感じているのか

それがこころの栄養になります

 

そして

その感情というこころの栄養が

からだを健康にする特効薬になります

 

肩が重かったり

気分が沈んで怠かったり

そういう重さ、怠さを一気に吹き飛ばしてくれるのが

幸せを感じることだったりします

 

あなたは自分の感情を大切にしていますか?

きちんと感情は動いていますか?

その感情をこころの栄養として与えていますか?

 

意識してみてください

あなたのこころは栄養不足を起こしているかもしれまんよ

 

花に水が必要なように

こころに感情は必要です

水やりを忘れずに

あなたに水をあげれるのはあなた自身ですよ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。