BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. カウンセラーの視点
  4. 個性が殺される理由

個性が殺される理由

 

自分と全く同じ人間いる?

経営者さんとかでたまーにもう一人自分がいれば…

みたいなことを言う人もいますね

 

でも、もう一人いたら

嫉妬するだろうし

存在意義が薄れてしまうので

価値が下がると思う

 

仕事してくれるから本人は遊ぶ

とか言っても何かしら仕事したくなるんじゃないかな?

 

だからたぶんやっぱりソイツを無くしてください

って言うと思う

 

2人目欲しいね~

という夫婦は1人目と全く同じ子が欲しいから2人目が欲しいのだろうか?

 

そうじゃないと思う

 

子育てで悩む人いるじゃない

上の子と下の子全然違う

 

下の子は言うこと聞かない…

みたいな話しもあるが

たぶん上の子と同じように接しているから言う事聞かないと思う

 

もし赤ちゃんはみんな同じような育ち方をするのであれば

広辞苑みたいな育児版があるはずだ

でもない

 

人には個性があるのでそうはならない

子を育てたことがある

という経験値はGETできる

 

でもそれは経験値であり能力が身についたってだけ

対処法を少しだけはじめての人より知っていただけで

子供が思い通りになるということはありえない

 

だからそれはこんなことが起こるかも?

というハプニングに対処する対応能力があるかないかの差なだけ

 

こんな感じで

個性を感じる場面に出くわすことはたくさんあって

というか個性しかないわけだ

 

でも自分に自信がないだのなんだの乱れてしまうのが人なんだよね~

 

なんでだろうね

 

個性もっと磨いて

個性もっと信じて

個性をもっと大切にして

生きていけるようになるといいんだけどね

 

僕もみんなもね

そんなことを思っています

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。