BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. からだのこと
  4. 余計なことを考えてる

余計なことを考えてる

 

人間だから毎日スッキリしていることは難しいはず

モヤっとしたり

イライラや悲しいなどの感情が支配したり

余計なことを考えてみたり

 

そんな日もあるよね?

きっと

 

でそんな日が1日で終われば問題ないのだが

数日続いてしまったりすることもある

 

連日のモヤっとは正直

キツい

ツラい

いやだ

 

なぜそんなことが起こっているのか?

なぜくだらない余計なことが頭の中を支配しているのか?

 

何個か疑うべきポイントがあるのだが

今回見てほしいところは

おなか

 

おなかというか腸内環境

 

最近

食べ過ぎていないか?

甘いものばかり取っていないか?

お酒取りすぎてないか?

 

などなどおなかの中がどんな状態なのか?

という部分に目を向けてみてほしい

 

腸は発生学上脳の前につくられます

そして腸ができたすぐ後に脳がつくられています

 

腸が脳に与える影響はかなり強い

という研究もここ数年注目されています

 

腸脳相関という言葉があるくらいです

腸は「第二の脳」とも呼ばれる独自の神経ネットワークを持っており、
脳からの指令が無くても独立して活動することが出来ます。
脳腸相関とは、生物にとって重要な器官である脳と腸がお互いに密接に影響を及ぼしあうことを示す言葉です。
例えば多くの動物では、ストレスを感じるとお腹が痛くなり、便意をもよおします。
これは脳が自律神経を介して、腸にストレスの刺激を伝えるからです。
逆に、腸に病原菌が感染すると、脳で不安感が増すとの報告があります。
また脳で感じる食欲にも、消化管から放出されるホルモンが関与することが示されています。
これらは、腸の状態が脳の機能にも影響を及ぼすことを意味しています。
このように密接に関連している脳と腸ですが、最近では、
病原菌だけでなく腸内に常在する細菌も脳の機能に影響を及ぼす、
という研究が注目を集めており、「脳-腸-微生物相関」という言葉も提唱されています。

ヤクルトさんより抜粋

 

という感じです

クリスマスから始まり年末年始という食事量が増えやすい2週間が過ぎた今日この頃

 

胃袋が大きくなりいつもより食べれる量が増えていませんか?

そんな状態が続くとあまり脳にとってもよくありません

 

いらない思考が出てきてもやもやしたり

怒りやすくなっていしまったり

問題しかありません

 

もし思い当たるところがあるのであれば制限してみてください

僕もいつもより食べたので食事制限して脳の状態を回復させます

 

とりあえず

お米は2,3日食べないかな

10割ソバとかサツマイモとか大豆などなどで過ごそうかな

と考えております

 

あとは岩盤浴行って毒だしもしてこようかなと

僕のあたまの中がスッキリ全快ではないので調整していこうと思います

 

みんなもやったほうがたぶんいいよ

ロクなこと考えてないから

調整してるとそんな傾向にありますよご注意を!!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。