BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. こころのこと
  4. 感情が処理できないと表現方法が変わります

感情が処理できないと表現方法が変わります

 

人は感情がたかぶると

表現するより行動する傾向にあります

傾向というか身体表現になります

 

子供が駄々をこねる時

怒り狂って頭を掻き毟る動き

嬉しくて走り回る

殴る蹴る

言葉じゃなくって体を使って表現します

 

なぜそんなことが起こるのか

言語では処理できなくなるんだと思います

 

大人より子供の方が処理能力が低いので

より低次元な表現になるわけです

 

感情がたかぶる時はみんな同じかといえば

人それぞれ違いますよね?

 

育ってきた環境や私生活

普段抑制しているもの

過去にあった嫌なこと嬉しいこと

そういった全てのものを含めた個性が

どこでどのように爆発するのか

その差だと思います

 

だからどうすれば自分の感情をコントロール出来ますか?

と尋ねられてもある程度はお伝えすることはできますが

それは僕が今まで経験してきたもの

自分で使ってきたもののみです

 

それがみんなに通用するか?

と言われれば、、、

通用しないこともあるのかなって思います

 

でも人という分類は同じなので

ヒントとなるものは必ずお伝えできます

 

その前にそこまで追い込むな!

という説もありますが

それができている人はほぼいないと思います

そっちの方が人っぽくていいですしね 笑

 

どう表現するかは自由です!

みんなの個性を爆発させてください

他人に迷惑かけていいわけじゃないけどねん

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。