BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. サロン情報
  4. 叱ります

叱ります

 

厳しいこと書くね

 

なぜか?

ちょっと勘違いしてる人が多すぎるから

目を覚ませという意味で書くわけではない

ずっともがいていればいいという意味で書く

 

僕のサロンに来るということは

からだの問題よりもあたまやこころの問題を気にしている人

 

何か嫌なことがあってそこから調子があがらない

とか

もやもやがずーっと抜けない

とか

そういう問題を抱えている人が多い

 

そんな状態をなんとかしたいと思って来てくれる

この部分については非常にいいと思う

 

何かアクションを起こして変わろうとするスタンス素敵です

自分ではなんともできないから誰かに頼る

全然OKむしろ推奨します

 

しかし全部人任せにする奴は終わっている

来たから何とかしてくれスタンスはどうしようもない

 

こんな感情になったとしよう

仕事で問題が発生

自分のやってきたことを否定されたと感じたとする

 

なんであんなことを言われなければならないんだ…

と思ってしまう

そこから調子が上がらないとしましょう

 

あるよね

何であんな言い方されなきゃいけないんだ…

なんであんなこと言われなきゃいけないんだ…

ということ生きてりゃあるよ

否定されている感覚になるのもしょうがない

 

だけど

否定されたとして

それを受け入れているのは自分自身ということにみんな気づかない

 

否定されたとしましょう

でも、自分がやってきたことに誇りなり確かなモノがあれば

他人に否定されたとしてもそこまで落ちない

 

自分のこと信じていない

信頼していないのはご本人様

その人自身のせいで底まで落ちていることに気づいていない

 

他人にどう言われても自分を疑わなければそこまで落ち込むわけがない

イラっとはするよ

 

何なんだよ…

みたいなやつね

でも否定されてうずくまりウジウジするのはね

 

正直、勝手にやってくれって思うんだよね

自分を信じれないやつが何をしても無駄だと思う

 

自分を信じれない人がサロンに来て調整したところで

何も変わるわけないじゃん

 

自分のことをあまりにも理解できてないから

他人に何かを言われたことで崩れるんだ

 

自分より自分のことを詳しくないはずの他人がどうこう言おうが

正直気にならんだろ??

だって理解できるわけないじゃん

他人だよ

 

しかも仕事上のお付き合いレベルのやつだよ

 

自分のやってきたことに誇りを持つことなく

何の意識もせず過ごして生きている人はただの怠慢

 

のうのうと生きて、ただただ日々を過ごしていただけ

ただそれだけ

 

日々の幸せを掴みにいかなかった結果だよ

そんなの自分の責任じゃない?

 

それで誰かに何かを言われたら落ち込む?

それ自己責任やろ

なめんなよ

 

そんな世界にいたのは誰だ

そんな世界にしたのは誰だ

 

その人自身だ

よく考えろ

そんな生き方してるから壊れるんだよ

 

壊れたくないなら自分のことを今以上に理解してみればいい

まずは自分をみてみればいい

自分を信じれるようにすればいい

外の影響で左右される機会を減らせばいい

 

そういうことを言っても気づかない人に

僕は何のお手伝いをしろと??

わからん

 

謎すぎる

そんな人に構っているほど僕の人生に暇はないのです

サヨナラ

 

そういう人はずっとくすぶっていればいい

と思って生きています

 

こういうこと言うと厳しい人に聞こえるみたいなんだけど

普通だと思うんだよね

 

嫌いな人と一緒にいたい人いる?

嫌いな人に告白されてうれしい人いる?

僕としてはそういう感覚だよ

 

だから怖くもないし厳しくもないと思う

 

ちょっと勘違いさんが多発していたのでビシっと言っておきましたとさ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。