BLOG

伝えたいこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 仕事内容で施術後の反応が違うのです

仕事内容で施術後の反応が違うのです

 

最近舞台でステージ立つ方々のからだの調整をしているのですが

疲れ方や痛みがでるところが事務職の方とかなり違います

 

はやり仕事の内容でからだの疲れる差があるんだな

と実感しています

 

踊るということは

日常生活にない動きの連続で

筋肉が柔らかくないと動きがぎこちなく感じます

 

柔らかいというか滑らかという感じですかね

どこか一ヶ所引っかかりを感じると

なんか違うという感覚になるようです

 

腰が痛いという表現でも

この動作をするときにココが痛いとか

自分のからだをしっかり把握しているし

自分のからだのプロという印象を受けます

 

昨日も腰の動きが悪いとい方を調整したのですが

腰の原因は肩甲骨にありました

 

肩甲骨のある1ヶ所が引っかかって

動いていなかったので

そこを調整すると

腰の動きが変わり動きやすくなったみたい

 

その方は

あーそこがこの部分に連動してたのか

と普通に言っていたので感覚はみんなと違うんですよね

 

一般的なら

こんなところが原因なんですね!!

ビックリみたいな感じです

 

でもこの方は

ここが引っかかって

痛みが出ていたのかー

みたいなそっかそっか

 

じゃあここを意識して

あーだこーだみたいなケアの発想まで持っています

 

おー素晴らしい

って勝手に関心してました

 

全員にこの感覚を持て!

ということではないですが

もう少し自分のからだのプロになってもらえると良いな~

と思っておりますよ

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。